管理職としての仕事

フリーエンジニアが請け負う仕事には、依頼主が目的とする製品等を開発して期日までに納入するタイプの仕事や、一定の期間だけ現場に足を運んで技術提供を行うタイプの仕事がある。前者の場合には在宅で行えることが多く、単独で仕事を行うのが一般的であるものの、後者の場合には実際に依頼主の管理する現場に通ってその現場の人材と共に仕事に携わることになる。後者の場合には必ず管理職となる人間が現場にいるが、それが依頼主に雇用されている人である場合もあれば、フリーエンジニアが管理職を担う場合もある。特に現場経験が豊富でマネジメント能力もある人材は現場の管理職に抜擢されることも多くなってきており、重要なプロジェクトの統括を行う人材として重宝されるようになってきている。

現場の管理職は、フリーエンジニアが年齢を重ねても携わっていける仕事としても注目されてきており、プロジェクトマネージャーやコンサルタントとしての仕事が東京のような大都市を中心にして募集されている。そういった仕事を請け負って活躍することによって、その企業からスカウトされて就職するという道も切り開けるようになることが多く、将来を見据えたキャリアパスとしてしばしば注目されるようになってきている。こういったキャリアパスを歩むためには、管理職の需要が高い東京のような大都市をフィールドとして活動することが重要な観点であり、それによって成功へ向かう機会を増やしていくことが可能になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です